2014年IPO果たした日本BS放送の最近の株価

東京都千代田区に本社を置く日本BS放送株式会社は、「BS11」という名称でBS放送(衛星放送)事業を営んでいる企業です。リモコンキーでBS放送の11チャンネルに合わせれば、同社の放送を視聴することができます。1999年8月の会社設立時には日本ビーエス放送企画株式会社という社名でしたが、同年12月には日本ビーエス放送株式会社となり、2007年に現在の社名に変更されました。会社設立の15年目となる2014年3月12日、日本BS放送株式会社は東証1部へのIPO(新規株式上場)を果たします。
ではここで、日本BS放送株の最近の株価の推移について、IPO当日からの動きを簡単に振り返ってみましょう。ですが、その前に注意点が1つあります。同社の株式は2014年7月29日に1:2の株式分割を実施しています。そのため、この日を境に見た目の株価は半分になっています。では、まずは上場初日の株価についてです。このIPOにおける同社株の公募価格は1,820円でした。これに対し、実際に付けた初値は1,940円でしたから、公募価格を6.6%ほど上回ったことになります。その後、2014年7月14日には場中の高値で2,234円を付けますが、それ以降の株価は下落傾向に陥ります。この数日後に株式分割が実施され、株価は半分になりますが、およそ4か月間は1,000円以下で推移します。しかし、2015年1月になると株価は1,000円を超えるようになり、3月18日には上場来高値となる1,388円を記録します。それ以降はやや弱い値動きに転じ、4月中旬には1,200円を割り込みます。最近ではおおむね1,000円から1,200円の間で株価は推移しており、2015年8月6日現在の株価は1,093円です。これはIPO初日に付けた初値を12.7%ほど上回る株価です。